新しい店舗のあり方提案や発掘目的の「居酒屋・焼肉 店舗デザインアワード2023」が作品募集開始

飲食店向け展示会「居酒屋JAPAN2023 」「焼肉ビジネスフェア」は、アルファ企画(東京・四谷三丁目、廣田公司社長)の企画協力の下、店舗の外観・内装、感染症対策など新しい店舗のあり方の提案・発掘の場として、「居酒屋・焼肉デザインアワード2023」の作品募集を始め、9月30日まで受け付ける。審査後、2023年1月18・19の両日、東京で開催される「居酒屋JAPAN2023 」「焼肉ビジネスフェア」(会場・池袋サンシャインシティ文化会館ビル)で表彰式を開催し、会場内で受賞作品のパネル展示を行う。

同アワードは、店舗の外観・内装、感染症対策など新しい店舗のあり方の提案・発掘を目的としたもので「居酒屋JAPAN2023 」「焼肉ビジネスフェア」での開催は3回目となる。

対象店舗は居酒屋・焼肉店・その他飲食店で、対象者は店舗オーナー、設計・施工会社、店舗関係会社。優れたデザイン性を表現した3作品に「店舗デザイン賞」、効果的な改善点が分かる3作品に「店舗リノベーション賞」を授与。また審査委員特別賞も用意し、 22年10月下旬に各賞を審査決定する予定。

受賞者は展示会での作品展示や新聞など各種メディアでの告知により、関連業界関係者の目に触れる機会となり、アルファブックス「人気店舗デザイン年鑑2023」に無料掲載される。

応募は以下のフォームから。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeATwkbDLZn31snwXq6t6eCmSSyiiTXRKjC2L6y4DOkRqxptg/viewform