会社概要

会社名株式会社外食産業新聞社
本社所在地〒101-0038
東京都千代田区神田美倉町10番地
喜助新神田ビル2F28
電話03-5297-1601 / FAX 03-5297-0551
会社設立1974年(昭和49年)6月21日
資本金1,000万円
決算期3月
代表取締役川端 崇嗣
主要取引銀行みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行
事業内容日本外食新聞、外食日報、日本外食新聞年鑑ニュースコレクションの発行、展示会・セミナーの開催。
展示会事業「居酒屋Japan」や各種セミナーの開催。


沿革

1974年(昭和49年)
6月21日
設立。《日本外食新聞》創刊。
1983年(昭和58年)日刊《外食日報》を創刊。
2009年(平成21年)
5月
酒類専門紙《旬刊酒販ニュース》《日刊醸造産業速報》発行元の株式会社醸造産業新聞社グループの傘下に入り、現在に至る。
2014年(平成26年)
9月
《日本外食新聞》のスマートフォン・タブレット端末向けアプリ版(PDF版/アップル・アンドロイド)の販売を開始。
2015年(平成27年)
11月
《外食日報》の紙媒体を廃刊し、完全にメール配信によるデジタル版(PDF版)に移行。
2016年(平成28年)
1月20日・21日
初の展示会事業である「居酒屋Japan2016」を、一般社団法人日本居酒屋協会、NPO法人 居酒屋甲子園、NPO法人 繁盛店への道(S1サーバーグランプリ)、エヌ イー オー企画とともに、東京・池袋サンシャインシティで開催。
2016年(平成28年)
2月
電子書店「富士山マガジンサービス」にて、《日本外食新聞》のデジタル版および「紙媒体+デジタル版」セットサービスの提供をスタート。
2016年(平成28年)
3月
《日本外食新聞》のダイジェスト版を雑誌風に再編集した《日本外食新聞年鑑2015 ニュースコレクション》を創刊し、販売を開始した。
2018年(平成30年)
2月6日・7日
「焼肉ビジネスフェア2018」大阪会場内に「居酒屋JAPANゾーン」を設け、初の大阪プレ開催を果たす。
2019年(平成31年)
1月16日
《日本外食新聞》に2018年1月まで連載していたプレジャーカンパニー・サービスマネージャー・遠山啓之さんによる「サービスのチカラ」をもとに書き下ろした「サービスのチカラ 店長マネジメント編」を、「MANA BOOKS(学ぶっくす)外食の教科書」シリーズの第1弾として発売。
2019年(平成31年)
1月23日・24日
東京・池袋サンシャインシティで開催する「居酒屋JAPAN2019」東京会場が4回目にして出展数が200小間を突破。
2019年(平成31年)
2月5日・6日
「居酒屋JAPAN2019」として、大阪会場でもゾーンではなく本展として本格的に開催。